グローバル人材育成・組織開発・ビジネススキル強化

GLOBIS GLOBAL EDUCATIONグローバルリーダー育成研修

企業のグローバル化を人材育成の側面から支援する専門家集団としてGLOBIS Global Education部門を結成致しました。アジアにおけるグローバル人材育成の最先端であるシンガポールに統括機能を置き、日本・シンガポール・タイの各拠点が連携して、「アジアをはじめ世界で活躍できるグローバル人材の育成」に取り組むことをミッションとします。

グロービス・グローバル・エデュケーションの特徴

  • 世界や地域の発展にコミットする「志」の醸成を重視したグローバル人材の育成
  • アジアをはじめ海外でのビジネスの現場感を持つ講師による「実践」に拘った育成
  • 海外・日本の拠点が連携することによる「シナジー」を意識した育成

研修プログラム例

「次世代トップマネジメント」「次世代リーダー」「マネジャー」などを対象に、以下のようなテーマでの研修を実施しています。(ここでご紹介しているのは一部です。お客様の課題に沿ったプログラムをご提案しています)

  • 経営理念
    • - 理念浸透
    • - 志の醸成 など
  • ビジネススキル
    • - ロジカルシンキング
    • - マーケティング・経営戦略
    • - アカウンティング・ファイナンス
    • - ファシリテーション・ネゴシエーション
  • グローバル
    • - 異文化コミュニケーション
    • - グローバル戦略
    • - グローバルパースペクティブ
      (国際的視野) など
  • リーダーシップ
    • - 人材マネジメント
    • - リーダーの基本行動
    • - リーダーシップ開発
    • - 変革のリーダーシップ
    • - リーダーシップと組織成長 など
  • イノベーション
    • - テクノベート
      (テクノロジー+イノベーション)
    • - ビジネスモデルイノベーション
    • - 組織イノベーション など
  • アクション・ラーニング
    • - 自社戦略の立案・提言
    • - 新規事業立案
    • - 組織変革 など

導入事例

グロービスでは、アジアを中心に活躍するリーダーを育成するために、様々なタイプの研修をお客様の目的に応じてカスタマイズし、ご提案・実施しています

事例1
  • 対象者
    リージョナルリーダー/選抜/15名
  • 開催地
    ASEAN開催
  • プログラム期間
    複数モジュール

アジア各国の現地法人次世代リーダー幹部候補が一堂に集まり、研修を実施。自社のDNAの深い理解や、経営の基本理論の習得、将来の自社ビジネスモデルの提言などを目的に、セッションを数回に分けて開催。

アジア各国からの参加者ネットワークの醸成にもつながった

事例2
  • 対象者
    ナショナルリーダー/階層別/50名
  • 開催地
    マレーシア開催
  • プログラム期間
    複数モジュール

マレーシア現地法人のマネジャーを対象に、ビジネスに必要な経営の基本視点の習得を目的とした研修。1回あたり2-3日のセッションを複数回に分けて実施。研修と同時並行で、参加者は個人ワークにも取り組み、最終回には、業務改善プランや市場開拓プランを経営層に提言。貴重な議論の場となった

事例3
  • 対象者
    グローバルリーダー/選抜/25名
  • 開催地
    日本開催
  • プログラム期間
    1モジュール

日本を含む世界各拠点の役員候補(部長層)が日本に集結し、約1週間にわたるセッションを実施。

自社ビジネスモデルの「理」の理解や、創業の歴史を心で感じ、創造する未来と自身の成長のストーリーを語ることで、参加者のさらなる成長意欲を高める研修となった

事例4
  • 対象者
    ナショナルリーダー/階層別/50名
  • 開催地
    インドネシア開催
  • プログラム期間
    1モジュール

海外現地法人のマネジャーを対象に、自社の理念・ミッション・DNAの浸透を目的とした2日間のセッション。

自社の戦略についての説明も織り込まれ、海外拠点の発展を支える現地マネジャーにとって、自社のDNAや戦略を理解する機会となり、意欲向上にもつながった

事例5
  • 対象者
    ナショナルリーダー/選抜/15名
  • 開催地
    シンガポール/タイ開催
  • プログラム期間
    複数モジュール

日本の環境とは全く違うビジネス環境で市場開拓をするシンガポール・タイのそれぞれの現地会社のマネジャー以上に対し、環境変化の分析の仕方、ビジネスモデル構築の仕方を学ぶセッションを実施。習得した知識を現在の仕事にあてはめるアクションラーニングも行い、新しいビジネスモデルの創出のきっかけを作るセッションとなった

事例6
  • 対象者
    グローバルリーダー/選抜/25名
  • 開催地
    日本/アジア開催
  • プログラム期間
    複数モジュール

日本人を含む世界各国のマネジャー以上を対象に、合計約2週間にわたる研修を実施。グローバル戦略論などの理解を深めた上で、自社の戦略上のテーマを経営陣に提言。実施場所は日本だけにとどまらず、海外(アジア)での実施フェーズも含み、グローバルビジネスのスピード感を現地で体感する場も設けた

マネジメントチーム

高橋 亨, グロービス アジアパシフィック代表 / グロービス タイランド代表,
高橋 亨
Toru Takahashi
マネジング・ディレクター
上智大学経済学部卒業
スタンフォード経営大学院SEP修了

大学卒業後、丸紅株式会社にて、機械メーカーとの海外事業展開に従事。中東や欧州を拠点に、同地域における事業の立ち上げ、出資先、取引先への経営支援、ファイナンス供与などグローバルビジネスに広く携わる。
現在は、日本を含むアジア地域での人材育成、組織変革事業を推進。グローバル・パースペクティブ、グローバル化戦略、企業理念・戦略の浸透、海外拠点の現地化に伴う戦略策定、課題解決、リーダーシップ等の講師業務に携わる。
葛山 智子, グロービス アジアパシフィック / グロービス タイランド , ディレクター
葛山 智子
Tomoko Katsurayama
ディレクター
名古屋大学教育学部卒業
オハイオ大学経営大学院修士課程(MBA)
同大学院スポーツ健康学部スポーツマネジメント修士課程(MSA)修了

大学院卒業後、ナイキ・ジャパンを経て、アマゾン・ジャパンのスポーツ用品部門の立ち上げに参画。マーケティング戦略、販売戦略の立案と実行、マーチャンダイジング、部門オペレーション等に携わる。その後、外資系コンサルティング会社を経て、グロービスに入社。
現在はシンガポール・タイを拠点として、ASEAN地域の人材育成事業を推進。グローバル、戦略・マーケティングを中心に日本語・英語プログラムでの講師実績が豊富。
川尻
河尻 陽一郎
Yoichiro Kawajiri
ディレクター
東京大学法学部卒業
ケース・ウェスタン・リザーブ大学Mandel Center for Nonprofit Organizations修了

外資系戦略コンサルティングファームに入社。経営コンサルタントとして戦略立案及び実行支援を行う。その後、グロービスに入社。現在、グロービス法人部門グローバル人材育成チームディレクター、グロービス経営大学院におけるグローバル領域科目や、企業の経営幹部育成研修における講師も務める。
小平
小平 崇
Takashi Kodaira
ディレクター
慶応大学法学部卒業
IESE Business School PLD 修了

大学卒業後、IT・通信企業にて多国籍軍さながらのチームでProject Manager、Bid Managerを担当。現在はグロービスにおいて顧客企業のグローバル化を担う専門チームに所属。グロービスの海外展開にも従事。
講師としては、企業内研修を中心に、グローバル戦略を始め、思考系科目、リーダーシップ、経営戦略を担当。

お問い合わせ先一覧

東京 +81 (0)3-5275-3695
平日 9:30~18:00受付(日本時間)
日本語対応
大阪 +81 (0)6-6391-0209
平日 9:30~18:00受付(日本時間)
日本語対応
シンガポール +65 6248-4585
平日 9:30~18:00受付(シンガポール時間)
日本語・英語対応
タイ (バンコク) +66 (0)2-627-9027
平日 9:30~18:00受付(タイ時間)
日本語・英語対応
各国共通メールアドレスinq@globis.sg
日本語・英語対応